ニキビゲートウェイ

口コミ付のニキビ専門サイト

男性ホルモンが多い女性はニキビができがち!減らす方法は?

男性ホルモンが濃い女性はニキビができやすい!

男性ホルモンが濃い女性はニキビができやすい!

 

 

男性ホルモンは女性の体内にも存在している性ホルモンです。もちろん男性よりもその量はずっと少なく、女性ホルモンのほうが体内には多いです。

しかし、その女性の体質によっては普通の女性よりも男性ホルモンが多いこともあります。その場合、男性ホルモンが体内で増えすぎたタイミングでニキビが発生しやすくなることがあります。

 

 

男性ホルモンが増えるとニキビができやすい場所は?

男性ホルモンが増えるとニキビができやすい場所は?

 

男性ホルモンでニキビができやすい場所「顎」

顎にだけニキビが何度も何度もできてしまう場合。こういった方はテストステロンやジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンが過剰な体質であり、それが原因でニキビが顎にだけやたらと発生しているのかも知れません。

男性ホルモンが増えると顎にニキビができがちな理由は、男性ホルモンであるテストステロンが顎ひげの発毛に関わっているため、これらが多い体質の女性は顎の毛穴から出る皮脂が多くなります。

Uゾーンとも呼ばれる顎まわりは、特に男性ホルモンの過剰分泌によってニキビができやすく、女性に至ってもこうした影響を受ける場合があります。

 

 

女性なのに男性ホルモンが優位になりニキビができる理由とは?

女性なのに男性ホルモンが優位になりニキビができる理由とは?

 

思春期ニキビに至っても、大人ニキビに至っても、多かれ少なかれ必ず男性ホルモンの分泌バランスというのは原因に絡んできます。

では、なぜ本来女性ホルモンが体内で優位であるはずの女性の体が、男性ホルモンが突然増えてしまったり、男性ホルモン(アンドロゲン)のホルモンバランスが優位になってしまうことがあるのでしょうか?

 

不規則な睡眠時間やストレスが男性ホルモンを増やす…

睡眠や、運動不足、栄養不足などの様々な不摂生が肉体的・精神的なストレスとして身体に負担をかけます。その結果、自律神経のうちの交感神経が優勢になり、身体が一種の "ストレスモード" とも言える緊張状態に追いやられます。

交感神経がオンの状態では、男性ホルモンの分泌量が増えやすくなります。つまり、少し不健康な生活をするだけでも、それが原因で男性ホルモンは簡単に増えてしまうのです。

 

女性だけど元々男性ホルモンが多い体質だから…

身も蓋もない話ですが、人間の体内の女性ホルモンと男性ホルモンの分泌バランスは、遺伝による体質的な要因が非常に大きいのです。

先ほど、生活習慣の悪化が男性ホルモンの分泌を促してしまうことを書きましたが、それよりも強いのがこの遺伝的な要因です。

 

 

女性が男性ホルモンを減らすにはサプリメントがオススメ!

男性ホルモンが多い女性でも、ホルモンバランスの乱れが原因でできているニキビであれば、男性ホルモンを抑制する効果を持つサプリメントの服用によって、かなりニキビを予防できます。

実際に効果を実感できる女性が多い男性ホルモン抑制サプリメントは、以下のようなものがあります。

 

全種類の男性ホルモンを減らす「ノコギリヤシ」

全種類の男性ホルモンを減らす「ノコギリヤシ」

 

皮脂を過剰分泌させてしまうテストステロン、角質層の細胞を異常に増殖させて皮膚を分厚くしてしまい、毛穴の詰まりを引き起こすジヒドロテストステロン。

そして、さらにテストステロンをジヒドロテストステロンへと変換してしまう5aリダクターゼ。この全てを減らして抑制することができるサプリメントが「ノコギリヤシ」です。

同じく男性ホルモンが原因の健康被害である、男性の前立腺肥大、円形脱毛症なども改善することから、「男性ホルモントラブルの何でも屋」とも言うべき効能があります。もちろん、ニキビに対してもその効果は絶大です。

 

 

女性ホルモンを増やして男性ホルモンを引っ込ませる「プエラリア」

女性ホルモンを増やして男性ホルモンを引っ込ませる「プエラリア」

 

プエラリアの主成分であるプエラリンには、体内で女性ホルモンと似た働きをするエストロゲン様作用という効能があります。

同じように、体内で女性ホルモンに似通った作用をするサプリメントとして大豆イソフラボンなども知られていますが、これよりも何倍も効果が上なのがプエラリアです。

プエラリアは足りない女性ホルモンの代わりとして働くだけでなく、本物の女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンを増やす効果があります。そのため、バストアップに使われることで有名です。

体内で女性ホルモンが優位になることで、男性ホルモンによる肌トラブルがかなり起きにくくなります。そのため、ニキビの予防や治療に使う女性が多いことでも知られるサプリメントです。

 

 

まとめ

女性なのに男性ホルモンが多い

 

男性ホルモンを減らす方法を調べていくと、最終的には継続性の観点からサプリメント療法に行き着きます。

低用量ピルなどの薬剤で女性ホルモンを増やす方法も有効と言われることがありますが、薬剤耐性のリスクがあるためオススメはしていません。

一度もホルモンバランスに着眼してニキビケアに取り組んだことがないという方は、一度「男性ホルモンや女性ホルモンのバランスが原因なのかな…」と疑ってみると良いでしょう。