ニキビゲートウェイ

口コミ付のニキビ専門サイト

ホルモンバランスが原因のニキビの特徴やできる場所について

ホルモンバランスが原因のニキビの特徴やできる場所について

 

 

ニキビが何をやっても治らない…そんな場合のほとんどはホルモンバランスの乱れ!

ホルモンバランスが乱れることで起こるニキビには特徴があり、出来やすい場所があります。場所によって原因は様々ですが、体の多くの部分がホルモンバランスの乱れによって、ニキビをはじめとする肌トラブルに見舞われます。

 

「高い洗顔料を使ってるのに…」
「毎晩欠かさず保湿をじっくり時間かけてしているのに…」
「食事の栄養バランスの対策も抜かりないのに…」
「睡眠不足にならないようにしてるのに…」

 

これらの対策を高い意識でしっかり毎日行っているのに、なぜか何をやってもニキビが治らない。そういった方は、一度体内のホルモンバランス系統を原因として疑って見ましょう。

では、そのホルモンバランスが崩れることでニキビができやすい場所というのをこの記事では触れていきます。

 

 

男性ホルモンがホルモンバランスを乱す原因?

身体的な要因、精神的な要因で女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になることでホルモンバランスが乱れます。

男性ホルモンは毎日一定量の分泌があります。健康的な方で女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が10倍以上の分泌があるとも言われています。

 

男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランスが大切

男性ホルモンが多いからと言ってニキビが出来やすいというわけではなく、男性ホルモンと女性ホルモンそれぞれの分泌バランスが崩れて、健康的なバランスを維持できなくなり男性ホルモンの分泌量が過剰になり、優位な状態になることでニキビを引き起こしやすくします。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、古くなった角質が上手く剥がれずに蓄積して毛穴をふさがれることでニキビが発生します。

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になることで毛穴に角栓が詰まりやすくなることがニキビの原因です。

 

男性ホルモンが増えすぎると肌が弱くなる?

また男性ホルモンが優位になることで肌のバリア機能も弱まってしまいます。バリア機能が弱まることで肌が乾燥しやすくなり、乾燥を防ぐために肌は過剰に皮脂を出し、よりニキビが出来やすい環境を作ります。

 

ホルモンバランスが乱れてしまう原因とは?

ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、昼夜逆転という生活リズムの乱れが挙げられます。

こうした要因によってホルモンバランスが乱れることで免疫力が低下し、ニキビの原因菌となるアクネ菌が増殖します。

ホルモンバランスの乱れで起こる大人ニキビは不規則な生活などでホルモンバランスがちょっと乱れてしまうだけで出来やすいのが特徴です。

ホルモンバランスが乱れる原因「ストレス」

ストレスを感じると緊張状態になり血液の流れが悪くなります。すると、血流を良くしようホルモンの分泌が促されます。このホルモンは皮脂腺を刺激してしまうので皮脂分泌が過剰になり、ホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが崩れる原因「睡眠不足」

また、睡眠不足の場合もホルモンバランスを乱す要因になります。睡眠時間が少ないと緊張を司る交感神経の働きが強まって、交感神経が優位になってしまうので男性ホルモンの分泌を促すため皮脂が過剰に分泌され、大人ニキビにつながってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れによってできるニキビの特徴

大人ニキビはとしてフェイスラインにできやすい

ホルモンバランスの乱れによるニキビは大人ニキビと呼ばれるニキビです。10代の思春期に出来るニキビとは性質が違い、男性ホルモンの影響を受けやすいフェイスラインにできるニキビです。

フェイスラインとは口の周りや顎のことです。ホルモンバランスの乱れによる影響を受けやすい部位なので、男性ホルモンが優位になってしまうようなホルモンの分泌が乱れるとニキビにつながってしまいます。

大人ニキビは乾燥肌でもできるのが特徴

大人ニキビは皮脂が多いオイリー肌の方だけでなく、乾燥肌の方も出来ることも特徴です。むしろ、大人ニキビは乾燥しやすい部位に出来やすくなります。

乾燥しやすい顎から口周りのUゾーンに出来やすく、大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因ではないので皮脂腺が少ない部分にも発生するのです。

大人ニキビは同じ場所に何度も繰り返す

それだけでなく、大人ニキビは同じ箇所に繰り返し出来てしまう厄介なニキビでもあります。大人ニキビは一度出来てしまうと治りにくいのも特徴です。

大人ニキビは結局はほとんどがホルモンバランスの乱れ

食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足など様々な要因が複雑に絡み合って、ホルモンバランスが崩れることで大人ニキビにつながってしまいます。

思春期に出来るニキビは皮脂分泌を抑制できれば改善できるのに対して、ホルモンバランスが乱れることが原因で発生する大人ニキビはストレス、食生活、睡眠時間、生活リズムなど個人差があり、要因が人それぞれに違うのでこれを治せば大人ニキビが改善できるということが一言で言えないため、一度出来るとなかなか治らないと言われているのです。

 

ホルモンバランスの乱れによってニキビが出来やすい場所とは?

顎や口周りなど顔の下の部分のフェイスラインに出来やすいです。膿を持った大きめのニキビが口周りや顎を中心にポツポツとできて、目立ってしまうのも特徴です。

大人ニキビが出来るのはフェイスラインだけではありません。顔以外では、肩など皮脂が少なくかつ体毛がある部分にも出来やすいです。

フェイスラインを中心とし、皮脂分泌が少ない部分に出来るのが大人ニキビの特徴と言えます。

 

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビの対処方法

一度出来てしまうとなかなか治りにくいやっかいな大人ニキビは規則正しい生活習慣や食事習慣を常日頃から意識し、ニキビが出来にくい環境へと導きやすくすることです。

栄養バランスを考え1日3食を決まった時間に摂ること、ストレスを適度に発散させ、ストレスに負けない自分を育てることなど日頃何気なく行っている乱れた習慣を改善することが大人ニキビの予防につながり、ニキビに悩まされることが少なくなるでしょう。

 

まとめ

ホルモンバランスが乱れることが原因で起こるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれていて、20歳以上の社会人として働くようになる世代以降に起こるニキビです。

ホルモンバランスの乱れは男性ホルモンが優位に立ち、分泌が過剰となることで、それによってニキビの原因にもつながる毛穴詰まりによる過剰な皮脂分泌を起こし、ニキビを起こします。

大人ニキビはフェイスラインに出来やすく、乾燥しやすい部位にできるのが特徴で、一度出来てしまうとなかなか治りづらく、目立ちやすいニキビです。

大人ニキビはストレスや食生活、生活リズムなど様々な要因が複雑に絡み合っているため、原因と特定することが難しいので完治が難しいのですが、まずは栄養バランスが整った食事、睡眠をしっかりとり、ストレスを溜め込みにくい生活習慣を身につけることが必要であり、大切なことと言えます。