ニキビゲートウェイ

口コミ付のニキビ専門サイト

生理前のニキビを防ぐ化粧品って?頬・あご・鼻がひどい…

生理前のニキビは化粧品選びが大事

 

 

生理前にニキビが出来る方は多いです。生理前のニキビ対策として化粧品の選び方を工夫する必要があります。そこで、生理前のニキビ対策にどのような化粧品を選んだら良いのか紹介します。

 

なぜ、生理前はニキビができやすいのか?

ニキビの原因は皮脂によって毛穴がつまりアクネ菌が炎症することで起こります。生理前は皮脂の分泌を促進する女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌が盛んになり、皮脂が詰まって炎症が起こりやすい状態になるので生理前にニキビができやすいのです。

 

 

生理前のニキビにはどのような化粧品を選ぶのが良いのか?

生理前ニキビと化粧品

 

ニキビケア化粧品には刺激の少ないものもある!

生理前のニキビには肌に優しい保湿成分がたっぷりと入っていてニキビケアができる化粧品を選ぶのが良いです。

ニキビケアの化粧品は肌に刺激が強いイメージがありますが、ニキビに悩む方に使えるようになっているので肌に優しい成分や保湿成分を含んでいるので生理前のニキビ対策として良いのです。ニキビケアできる化粧品は殺菌力が強いのでニキビを引き起こす原因であるアクネ菌の増殖を防ぎます。

 

ノンコメドジェニックの化粧品がニキビ対策に最も良い!

ニキビができやすい成分が使われていない「ノンコメドジェニック製品」がニキビケアに良い化粧品です。ノンコメドジェニック製品と表記のある化粧品を選ぶことでニキビができやすい成分が無く、生理前ニキビのケアに効果のある化粧品だと言えます。

 

 

 

生理前は特に保湿をしっかりと行う!

生理前ニキビと保湿

 

皮脂分泌が増えるのは保湿ができていないから

生理前は皮脂の分泌が盛んになるので保湿を控えめにする方が多いですが、保湿不足は肌の乾燥を招き、乾燥しないようにとより皮脂を多く出してしまうのでかえってニキビができやすくなってしまうのです。

なので、生理前のニキビ対策として保湿成分が含まれている化粧品を選ぶのが良く、たっぷりと肌に潤いを与えて皮脂分泌を過剰にさせないようにするのが生理前のニキビに効果的です。

 

オイルとアルコールが多い化粧品は避ける

生理前は皮脂分泌が活発になって肌がべたつきやすい状態なので十分に保湿できる化粧品で肌のバリア機能を高めることで肌荒れしにくい肌作りをサポートします。保湿成分とニキビケアに良い化粧品を選ぶのにプラスして、オイル成分が使われていない化粧品を選ぶのも生理前ニキビ対策に有効です。

そして、アルコールを使っていない化粧品もおススメです。アルコールは肌が乾燥しやすくなり、刺激が強いのでアルコールを使ってない化粧品を選ぶことです。

 

 

生理前ニキビ対策の化粧品に入っていると良い成分

生理前ニキビ対策の化粧品に入っていると良い成分

 

化粧品を選ぶポイントとして保湿とニキビケアできるものが良いと紹介しましたが、含まれている成分もチェックします。生理前ニキビに良い成分として「ビタミンC誘導体」と「グリチルリチン酸」が挙げられます。

 

ビタミンC誘導体の使用は最高の生理前ニキビ対策

ビタミンC誘導体は皮脂を抑える効果があり、生理前に女性ホルモンの分泌が増えて皮脂分泌が過剰になるのを抑制します。ビタミンC誘導体で保湿することで肌の乾燥を防ぎ、毛穴のつまりを予防します。

また、グリチルリチン酸はニキビの炎症を抑えてくれる成分です。生理前のニキビ対策として化粧品を選ぶときにビタミンC誘導体とグリチルリチン酸が入っているものを選ぶのが良いです。

 

 

生理前のニキビに良い化粧品の使い方

生理前とそうでないときと化粧品を使い分けることです。生理前とそうではない時は肌状態が違うので、2週間ごとにスキンケア化粧品をチェンジすることで肌状態にあったケアを行えます。

排卵日から生理前のニキビに良い保湿効果やニキビケアできる化粧品を使用し、生理が終わったらいつもの化粧品に戻すのが良い使い方です。変化する肌状態に合わせてお手入れ用の化粧品をいくつか常備しておくと生理前とそうでない時に合わせて対策できます。

生理前は肌が敏感になるのでスキンケアは優しく行うのがポイントです。

 

生理前ニキビ対策としてのメイク用化粧品の選び方

生理前ニキビ対策としてのメイク用化粧品の選び方

 

メイク用化粧品は少なからず肌に負担をかけてしまいます。生理前にニキビができてしまうと隠そうとファンデーションやコンシーラーを厚く塗ってしまいますが、ファンデーションやコンシーラーの成分に生理前のニキビに刺激を与えて悪化させてしまいます。

生理前のニキビのメイクに使う化粧品の選び方はパウダータイプのファンデーションにすることです。リキッドやクリームタイプのファンデーションは落とすときに強くクレンジングする必要があるので、生理前の肌への負担が大きくなります。

パウダータイプのファンデーションはクレンジングに余計な力がかかりにくく、落とすのが楽なので生理前の肌への負担が少なくて済みます。

 

肌がべたつきやすい生理前はリキッドやクリームよりも軽い仕上がりになるパウダータイプがおススメで、低刺激で生理前のような肌が敏感な時も使える敏感肌用のファンデーションを使うのが生理前のニキビケアに良いでしょう。

薬用タイプのファンデーションやパウダーだとニキビなどの肌荒れケアもできます。

そして、カバー力があるタイプなら薄づきでも気にならず、メイクを落とす時の負担も少なくて済みます。

 

まとめ

生理前にニキビが出来るのは皮脂が過剰に分泌されやすい時期だからです。

皮脂の過剰分泌を抑制することが生理前のニキビケアのポイントとなるので、肌の乾燥を防ぐ保湿成分やニキビになりやすい成分が入っていないノンコメドジェニック製品と表記されている化粧品、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸が入っている化粧品を選ぶのが生理前のニキビケアに有効だと分かります。

メイク用化粧品は肌に負担をかけないパウダータイプを使い、敏感肌でも使える肌に優しいものを選ぶことで、スキンケア化粧品とメイク用化粧品両方で生理前のニキビケアを行えます。